角栓のための保湿

角栓原因は保湿力が足りないから

角栓の原因の一つである保湿

顔の毛穴をふさぐ「角栓」。気になる人も多いでしょう。特に洗顔後は水分を含んで膨らむので、白い垢がこびりついたように見えます。さらにファンデーションを塗ると、ますますブツブツ感が強調されるので、周囲に与える印象も良くありません。

角栓の正体は皮脂に古い角質やホコリ、肌に残った化粧などが混ざって毛穴をふさいだものです。皮脂の分泌が多い鼻や眉間、口周りにできやすく、油分に加えてタンパク質が含まれるため、普通の洗顔フォームではなかなか取れません。

角栓ができる原因にはいろいろありますが、特に保湿が大きく影響しています。保湿の詳しい情報サイトにもあるように、角栓に限らず肌トラブルのほとんどは保湿能力の衰えがきっかけになっているのです。

例えば睡眠不足などの不規則な生活、エアコンによる乾燥、洗いすぎや過度のタッピング、こするなどの間違ったケアによって肌のターンオーバーは乱れていきます。こうなると肌から水分が逃げやすくなり、古い角質が肌に残ります(角質肥厚)。堆積すると肌の柔軟性が失われて汚れが排出されづらくなるのです。これが皮脂と混じって角栓になります。

乾燥肌でも水分不足を補うために皮脂を過剰分泌するので、角栓ができやすくなります。バリア機能が衰えた時も同じです。乳液など油性化粧品の多用や、脂っこい食事の摂りすぎも、やはり皮脂が過剰に分泌される原因になります。

角栓が長期にわたって残ると、酸化して黒ずんでいきます。これが肌を刺激して、毛穴の周囲にメラニン色素が作られやすくなるのです。その結果、ブツブツが黒く見えてイチゴのような鼻になります。

目立つだけでなく、角栓は毛穴を広げていきます。放置すると炎症を起こしてニキビになるリスクもあるのです。化膿して肌がダメージを受けると、クレーターとして跡が残る場合もあります。そうならないためにも、効果的に保湿して角栓を作らせない肌へと改善するのが、とても重要なのです。

Copyright © 角栓原因は保湿力が足りないから All rights reserved